[css, js] 404エラーのimgタグをいい感じにスタイリングする

2018/05/29 CSS No comments ,

詳しく書いてある記事はこちらで、
https://bitsofco.de/styling-broken-images/
imgがbroken状態になるとbefore, after擬似要素使えるからよしなにやっつければおkという意味である。
この記事ではbefore, after擬似要素に背景色をつけてposition:absoluteで上に被せて消している。

私の場合は

  • どんなサイズの画像があるか事前にわからない
  • レスポンシブ
  • NO IMAGE画像素材を使う
  • Retina対応もする

ていう条件があった。
(さらに…)

[WordPress] カスタムヘッダーをカルーセル表示に変更する

2018/03/01 wordpress No comments ,

デフォルトだと画像1枚しか表示できないので、登録されているヘッダー画像をカルーセルでスライドショーしてやろうっていう改造についての覚書。
文中ではSwiperを利用する場合のソースになっているが、別のライブラリでもマークアップ変えたら動くと思う。

なおVer4.9&PHP7環境でこしらえたので他のバージョンでは動かないかもしれない。
(すくなくとも4.7以上は必須)
(さらに…)

[WordPress] アーカイブで表示される記事の情報を配列で抽出する

2018/02/21 wordpress No comments

以下は記事IDを配列にするサンプル

<?php 
$post_ids = array();

//@param WP_Post $p
//@param integer $i
array_walk($GLOBALS['posts'], function($p, $i) use(&$post_ids) {
  $post_ids[$i] = $p->ID;
});

var_dump($post_ids);
?>

グローバルにあるWP_Queryの$postsをループ処理すればget_postsとか使う必要はないなと思った。

先日の カスタムフィールドの値を配列で得る やつは、

<?php 
$custom_values= array();

//@param WP_Post $p
//@param integer $i
array_walk($GLOBALS['posts'], function($p, $i) use(&$custom_values) {
  $custom_values[$i] = get_post_meta($p->ID, 'your_key', true);
});

var_dump($custom_values);
?>

こうなる。

上記サンプルはPHP5.3以下だと動かない。

[gulp] ディレクトリとかファイルの削除

2018/02/09 Javascript No comments

なんばんせんじだかわかりません

(さらに…)

[WordPress] カテゴリー一覧で表示されている記事に登録されたカスタムフィールドの値を配列で得る

2018/02/05 wordpress 1 comment

例えばこれは Product というカテゴリーがあったとして、登録されている記事に Price というカスタムフィールドがあり、
カテゴリーアーカイブで Price の値を一覧にしたい…という場合に使えるかもしれないやつです。
(さらに…)