[Dreamweaver] エクセルが自動生成するテーブルのHTMLをクリーンアップする

エクセルの表をHTML保存したとき出力されるソースには属性・スタイル・ルビ・フォントタグなどが多量に含まれている。
それら不必要なHTMLソースをDreamweaverの正規表現置換で一掃する。

dwr

“[Dreamweaver] エクセルが自動生成するテーブルのHTMLをクリーンアップする” の続きを読む

[js] 正規表現で拡張子・スキーム・ドメインを一括マッチング

アンカーのhrefに含まれる拡張子やスキームに応じたアイコンを表示するっていうのはCSSでよくあるけど、
ドメインに応じてfaviconと同じアイコン表示するのは見たことがない。

どこのサイトか判別するなら大体こんなパターンが考えられる:

  • www.sitename.com … 真ん中にサイト名
  • sitename.com … 先頭にサイト名
  • service.sitename.co.jp … サービス名+サイト名
  • site.name … ドット無くすとサイト名

その理屈をjavascriptの正規表現でやっつけてみたのが次のソースです。

var TextlinksAddClass = function(target,title){
this.target = target || document;
this.title = title;

this.start = function(){
var anc = this.target.getElementsByTagName(“a”);
for(i=0; iView Demo »

del.icio.usみたいなドット無くすとサイト名になるものは判別してない。

上記はアンカーにclassとtitleを付与するものですが、改変して
createElement(“img”)やstyle.backgroundでclass+’.png’とかすれば自動的にアイコンの挿入が出来る。
アンテナサイトとかで使えるかも。
” 正規表現で拡張子・スキーム・ドメインを一括マッチング” の続きを読む