Symphony CMS 紹介と解説

エレガントでフレキシブルでパワフル。拡張性にも富んだCMS、Symphonyの管理画面に一目惚れ。
惚れた欲目と把握した勢いで書いた紹介&解説記事です。

symphony-cms admin panel

Symphony CMSはもともと有料のCMSだったようですが現在はMIT/X11ライセンスの元でオープンソースになっています。
同名のPHPライブラリがありますが全く関係ありません。
海外(オーストラリア)のWeb制作会社が開発している為かインストール画面から美しく、
管理画面は最低2クリックで投稿画面に行き着くシンプルさ。
ただそのシンプルさは表向きだけで、実際サイトを作り始めるに十分な機能を備えているCMSです。
Symphonyで構築された公式サイトを見ればその懐の広さが窺えると思います。

最大の特徴はテンプレートがXSLTである事で、出力されるデータ構造がXMLだったりするので
XMLやXSLTがなんなのか分からない場合にはまずそれらについて知る必要が出てきます。
ですが既にXMLとXSLTを熟知している人にとっては願ったり叶ったりなCMSになること請け合いです。

開発自体は5年以上経過しているもののオープンソースになったのが2008年なので、検索してもあまり記事が見つかりません。
公式サイトにしかまともなドキュメントが無い上に全部英語、日本語版なんてのも当然存在しないので使用難易度は高めですが、この管理画面のシンプルさと操作性の良さは素晴らしいので、機会があれば是非試してみて欲しい 😀

なお、管理画面で採用されているJavascriptラブラリはjQueryです。
MooToolsじゃないのが残念でならない…orz

“Symphony CMS 紹介と解説” の続きを読む