サイコムのG-Master Hydro-GK2を買いました レビュー

Galleria QF760でFF14やってると画面小さくせざるを得ないし品質も落とさなきゃいけないしで若干物足りない……。動画撮影もハーフサイズじゃないと厳しいですしおすし。
アルテマ祭で左パームレストがヒビ割れるわ、何度かゲーム中にGPUが突然落ちるわで、このままだと2.2で完全に死ぬかもしれないという危機感もありました。
それでフルHD最高品質環境欲求がリミットブレイクで聖剣にゃぁぁしたので G-Master Hydro-GK2 の人柱になりました\(^o^)/

Sycom G-Master Hydro-GK2

もともとはノートと同じドスパラのGalleriaでいいかと思ってたんですが、GPUも水冷にしちゃったサイコムに変更。別に水冷じゃないとダメってわけじゃないんだけど、『水冷』という単語には『産地直送』とか『朝獲れ』のように何か惹かれるものがありますw
こういう色物がBTOで選べるのは自分で組むよりゲームしてたい面倒くさがりにはありがたいことです。

ケースは標準のFractalDesign DEFINE R4 Black Pearlです。
箱にみっちり入っててなかなか取り出せず、出したら出したでまたでかい。これは予想以上にアレやでぇと思ったんですが、G5を隣に並べたらそうでもなかったという写真が上のやつです。デスクトップ久しぶりだからサイズ感忘れてただけでした。
前面がつるっとしてるのはカバーになってるからで、ごちゃっとしたドライブベイとかを目隠ししてます。CDの出し入れ時なんかは冷蔵庫みたいに開けて操作します。
格好良さではMacに遠く及ばないですけど、Win機の箱としてはなかなか整ったデザインだと思います。

写真右端にあるのは交換パーツの外箱です。段ボール箱がやたらでかかったのはPCケースの箱に加えてパーツの外箱も同封されてたからでした。
一番下のマザーボードの箱の中には余ったパーツやケーブル類がまとめて入れてありました。

スペック

CPU      : Intel Core i7-4770K [3.50GHz/4Core/HT/HD4600/TDP84W] Haswell搭載モデル(標準構成価格165,790円)
CPUグリス: Arctic Silver AS-05 [高密度微粒子、高熱伝導率タイプ](+1,790円)
水冷UNIT: Corsair H60 (CW-9060007-WW)  [水冷ユニット](+1,290円)
MOTHER   : ASRock Z87 Extreme6 [Intel Z87chipset](+2,060円)
MEMORY   : 16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2枚/メジャーチップ・6層基盤](+8,310円)
HDD      : Crucial CT240M500SSD1 [SSD 240GB]★在庫限り大特価!★(+9,320円)
ExDrive  : Crucial CT480M500SSD1 [SSD 480GB]★在庫限り大特価!★(+29,580円)
OptDrive : 【黒】DVD; LG GH24NSB0 BL+書込みソフト(標準)
OptDrive2: なし(標準)
VGA      : サイコムオリジナル水冷静音仕様 GeForce GTX780Ti 3GB+Asetek 740GN水冷+Enermax UCTB12 [DVI*2/HDMI/DisplayPort](+49,660円)
ExCard   : オンボードサウンド(標準)
LAN      : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE     : 【黒】FractalDesign DEFINE R4 Black Pearl(標準)
CASE-Option: 天板防塵フィルター SST-FF142B(+950円)
POWER    : PC Power & Cooling PPCMK3S850 [850W/80PLUS GOLD]★「PC Power&Cooling製電源2,000円引きキャンペーン」実施中!(表示価格は2,000円引きいたしております)(+5,970円)
OS       : なし(標準)
Office   : なし(標準)
SOFT     : なし(標準)
延長保証 : プラス2年(+13,730円)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
OTHER    : なし(標準)
OTHER2   : なし(標準)
KEY      : なし(標準)
MOUSE    : なし(標準)
Mousepad : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
無線LAN子機: なし(標準)
SPEAKER  : なし(標準)
MONITOR  : なし(標準)
MONITOR2 : なし(標準)

ゲーミングPCとしてはテンプレ的な4770k+GTX+16GB+SSDです。
CPUとGPUが水冷であること以外に珍しいものはない…。

CPU

無難な4770k。コスト下げるならi5でいいと思います。
もっとハイスペックにするなら4900番台なんだろうけど、そこで数万かけるよりはGPUをSLIにした方がいいと思う。

GPU

780TiはTITANよりコスパがよくて性能もほぼ同じなんだってお。
BLACK人柱も考えてたけど選択肢に無かった。
ミドルなら760、コスト抑えるなら680でしょうか。

メモリ

Windows7はOSが1GBくらいキープします。それでFF14とChrome起動してると5〜6GBくらいになり、そこにPhotoshopやらFrapsやらも加わる事考えると8GBだとカツカツ……16GBあった方が(・∀・)イイ!! というわけで今のノートと同じ容量です。
32GBは本気で3DCGやるような人じゃないと使い切れないと思う。

SSD

インテルか東芝で検討してたけど安いのでいいやと。
120GBはすぐカツカツになったので240GB以上というのは決めてました。
安いだけあってノートのSSDよりもスコアが低いけど、FF14のエリアロードはすぐ終わる。

ちなみにフルHD録画をFrapsですると、10分で約30GBくらいになります。

冷却周り

ノートPCほど目くじら立てなくてもいいだろうと思いつつも水冷というマジックワードにほいほい釣られた形です。真の水冷ユーザーから見ればm9仕様かもしれません…。
今の所エンドコンテンツを最高品質で周回しまくってもGPUは40度代を保ってます。

電源は特価のやつを適当に。保証は延長してます。

お値段は28万くらいです。
サイコムはECナビ加盟してるので手順を踏めばポイントで2万くらい戻ってきます。
…っていうのを忘れてたのでポイントキャッシュバックはゼロですが。(´ω`)‥トホー
3年使うとすると1ヶ月1万円くらいのコストになります。そう考えればさほど高くないですね。

とりあえず42インチ液晶に繋いでみた

Sycom G-Master Hydro-GK2 x REGZA Z1

PC届いたときモニターがまだ無かったのでREGZA Z1に接続してセットアップしました。
さすがに42インチでフルHDはでかくて目が疲れます(;・∀・)
dot-by-dotモードがあればPC用モニタとそう変わらない画質なので、遅延と目の疲れが気にならなければ液晶テレビをモニタ代わりにして使うのもありかなあと思います。(2画面モードにすれば多少マシになる)

電源入れたらOSのディスク入れろメッセージが出たので、OSインストール→ドライバインストール→SSD設定 と段階踏みました。ドライバの数が結構多くてゲーム遊べずちょっと後悔。

それからネットワーク周り設定して、Chromeとセキュリティソフト入れました。
ノートは無線ですがこちらはLAN接続してます。設定といってもドライバ入れてルーターに繋げておいたら勝手に接続されてたので特になにもしてません。
Chromeはログインすればすぐ環境がコピられるので手間要らずです。
セキュリティはカスペルスキーのマルチプラットフォームです。これに入れてちょうど3台目になりました。

モニター買いました

iiyama AMVA+パネル搭載 WLEDバックライト24型ワイド液晶ディスプレイ XB2483HSU-B1

TNとIPSとVAですごい迷った結果VAにしました。

TN:応答速度が速い反面視野角が狭い
VA:黒の表現に優れているがIPSに比べると視野角は狭い
IPS:視野角に優れているがコントラスト比と輝度、応答速度を高くしにくい

ゲーム目的だとこういう選択肢になると思う。

TN:激しい動きでもぬるぬるさせたい。高フレームレートで遊びたい
VA:夜間帯や暗いエリアの色表現重視。応答速度も抑えたい。部屋が暗い
IPS:姿勢が変わっても同じ画質を維持したい。横で見てる人がいる。部屋が明るい

で、部屋が暗い+リクライニング姿勢+暗色表現が多いという状況を鑑みてVAパネルを選びました。
iiyamaにしたのは単純に国産か台湾メーカーがいいなと思ってたからです。
光沢液晶から非光沢へ変更だったので最初は凄く違和感あったのですが、
目が慣れたら落ち着いた色合いで映り込みもなく、最高品質を満喫できています。
リクライニング姿勢でも画面端の色変化が殆どないのがとてもいいですw

FF14はフレームレートを無制限にすれば160超えたりするので、
60fps以上で遊びたいならTNの144Hzモニタ一択です。
144HzはHDMIではなくDVI-D接続が必要になります。
そのためHDMI出力しか出来ないPS3やPS4、GPUでは60Hz以上のモニタは宝の持ち腐れになってしまいます。

IPSにも色々種類がありますが、AH-IPSは応答速度が5ms程度なのでゲーム用途に使えるんじゃないかと。

ベンチマーク

エクスペリエンス インデックス

Sycom G-Master Hydro-GK2 experience-index

CrisalDiskMark

デフォルト設定での結果

Sycom G-Master Hydro-GK2 crystaldiskmark

GPU-Z

20度はほぼ室温です

Sycom G-Master Hydro-GK2 gpu-zSycom G-Master Hydro-GK2 gpu-z_idol

右:アイドル時

ff14-dungionff14-dungion-afterff14-idol

左:ノーマルハウケタボス前
中:ハウケタ後、モードゥナ
右:約3分後

ノートPCだと同じ条件でボス後は70度、Loadは90%超えるくらいになります。
これなら安心してリヴァイアサン祭りできそうです。

新生FF14キャラクター編ベンチマーク

仮想フルスクリーン

仮想フルスクリーン

ウィンドウモード

ウィンドウモード

ウィンドウモードで高さ1080pxだとタスクバー収めても入りきらないので、
実際ウィンドウモードで遊ぶときは960pxくらいにすると思います。

FF14蒼天のイシュガルドベンチマーク

ff14-heavensward-bench

コメントを残す