[Dreamweaver] エクセルが自動生成するテーブルのHTMLをクリーンアップする

エクセルの表をHTML保存したとき出力されるソースには属性・スタイル・ルビ・フォントタグなどが多量に含まれている。
それら不必要なHTMLソースをDreamweaverの正規表現置換で一掃する。

dwr

HTML化

エクセルから以下の方法でHTMLにする。

  1. 表のセルを選択(全体に適用する場合は3へ)
  2. Ctrl+N → Ctrl+V (新規作成とペースト)
  3. 「Webページとして保存」または「ブラウザでプレビュー」

「ブラウザでプレビュー」の場合は開発者ツールでHTMLをコピー後、
DreamweaverでHTMLドキュメントを新規作成してペーストするか、「名前をつけて保存」をする。
ここでは前者を例に取る。

「Webページとして保存」した場合

表はHTMLのテーブルタグに変換され、こんなソースが出ます。(headは省略)

置換前ソース見本

「ブラウザでプレビュー」から保存した場合

Firebugなどの開発者ツール経由だと属性がダブルクォーテーションで括られるので、エクセルが書き出すソースとちょっと違う。

置換前ソース見本2(Firebug経由)

置換後

テーブルタグ以外の属性やタグを全て一掃。非常にスッキリ。

置換後ソース見本

Download

クエリが恐ろしく長くなったのでdwrファイルで晒します。

ダウンロード:

“exel-arg-clear.dwr” をダウンロード exel-arg-clear.zip – 509回のダウンロード – 499 B

使用方法

  1. ダウンロード後解凍して出来たdwrファイルを適当な場所へ保存する
  2. Ctrl+Fまたはメニューから検索/置換を表示
  3. ダイアログウィンドウの右側にあるフォルダのアイコンを押してdwrファイルを読み込む
  4. 「置換」か「全て置換」を押して実行

※注意:スペックが低いPCでの実行はお勧めできない

参考:Dreamweaverの正規表現置換サンプルと解説

Leave a Comment.