Axent Wear Cat Ear Headphones (猫耳ヘッドフォン) レビュー

Axent_Wear_Cat Ear_Headphones

Indiegogoのプロジェクトが始まってまもなく日本でも各方面で取り上げられていた猫耳ヘッドフォンです。
猫に目がない私も例外なく出資をキメていたのですが、それが紆余曲折ありまして2016年の1月末に届いたので、
購入を検討している人向けに届くまでの顛末と届いた実物をレビューしておこうと思います。

Axent_Wear_Cat Ear_Headphones2

耳がスピーカーになってる上にLEDで光るというこれまでにないイカすデザインで、猫好きな日本人がザワついたのは2014年10月ごろのことでした。
プロジェクトとしては2014年4月ごろからスタートしていて、大体の経過はこんな感じ:

  • 2014/5 ブランドサイトできる
  • 2014/6 最初のプロトタイプ写真が公開
  • 2014/7 各種コンテスト開いて盛り上げる
  • 2014/9 スペック決まる
  • 2014/9/28 indiegogoのプロジェクトページ開始
  • 2014/10/11 200%達成 この前後に日本でバズる
  • 2014/10/15 300%達成
  • 2014/11 2万ドル超えた・・・やべえ・・・割引サービスします・・・
  • 2014/11/25 工場がアカンかったので変更します。遅れるかもだけど許してね
  • 2014/12 クォリティ高めるために取り組んでます!忍耐強く待ってくれてありがとう!
  • 2015/4 製造の手配が終わる
  • 2015/6 Brookstoneと提携 問い合わせ先が変更になる
  • 2015/7 提携後に開発したプロトタイプ公開
  • 2015/8 実機を人が装備している写真を公開
  • 2015/8 11/15~27に発送を予告
  • 2015/10 全色の実物と外箱の写真を公開
  • 2015/10末 実物が出資者に到着しはじめる

当初発表されたプロジェクトでは2015/4に完成といわれていたのが、色々あって年末までずれ込んだ感じ。
まあよくあることと思って到着を待っていたものの、自分のところには10月を過ぎてもなんの音沙汰もなかったのでした。
メールボックスを調べてみたらなんと9月末に発送先の住所が正しいか確認するメールが来てるではないですか。
英文メールだったためにスパム扱いされていたせいで気づくのが遅れてしまった。
慌てて返信したのが11月末。でそこから何度も確認してくれるように催促を続けて、UPSから発送通知が来たのは2016/1月でした。
私のところにはUPSの発送通知が来ていなかったので、最初の住所を問い合わせるメールに対する返事がなかったことで後回しにされていたんだと思うけど、
プロジェクトのページにこんなコメントがあったので出資者で手元にUPSの番号があるのに届かないっていう人は確認してみてください。

日本にお住まいの皆さんへ、先週Brookstoneから住所や電話番号を確認するメールが来ました(前にも確認しましたが)。そこで初めてUPSの送り状番号見たいなのを知りました。
もちろんBrookstoneには返信しましたがあまりにも頼りにならないのでUPSにも「こちらから住所などの情報を更新出来ますか」と問い合わせしました。
そして先程UPS JAPANから電話が来て、どうやら日本にくるヘッドフォンは中国のCCAという会社から、まったく違う住所と電話番号で送られてきたらしい。メールアドレスだけはあってるぽい。
そして私が問い合わせする前にUPSからメールが来たらしいですが、どうやら私が使ったのは携帯のメールアドレスでメールフィルターにかかってせいで受け取れなかった。そのため私の荷物は既に返送される準備に入っていて、私が問い合わせしなかったら多分また日本を離れることになる。なのでもし皆さんもUPSの送り状番号を持っているなら、一度UPSに問い合わせすることをおすすめします。

私の約1カ月後(11月ごろ)に出資した方には2/16に到着したそうです。
注文が4万件あるみたいなことをサポートが漏らしてたので、発送に相当時間がかかってるのが窺えます。

現在はBrookstoreの専用ページから注文できるようです。

実機レビュー

コンセプトアートの外箱と、持ち運びに便利な専用ケースが付属。
折りたたんで耳を収納した左右にケーブルを収めるようにできてます。

LED

思ってたより光るぞこいつ・・・!
LEDで光らすためには、MicroUSBで2時間くらい充電が必要。

Axent_Wear_Cat Ear_Headphones6

右側カップの下側にメス口があるのでそこに付属のMicroUSBを突っ込む。
アダプターは付属してないが、携帯電話用のでおkでした。
充電中は赤いランプが点灯する。

スピーカー機能

MicroUSB端子の左右にあるのがスピーカー操作スイッチです。
初期状態はボリュームが最小になるので、ONにする都度+ボタン押して音量上げないと聞こえない。
うっかり暴発しても大丈夫なようにこうしてるのかなw

ヘッドフォンとマイク機能

Axent_Wear_Cat Ear_Headphones5

左側に3.5mm4極端子とマイク端子があり、ケーブルとマイクが付属してます。
スマートフォンや4極に対応するPCならマイクで通話とかできますが、
3.5mmミニピンなPCだとマイクが死にます。
うちのPCもオーソドックスにマイクとヘッドフォンが分かれてるやつなんで
試しに↓の変換ケーブルを買ってつないでみた。
KINGTOP ステレオ ミニプラグジャック 変換ケーブル 3.5mm 4極(メス)-3.5mmステレオミニ(オス)+マイク入力(オス)

PC側のオーディオ設定をちょっと変えたらスカイプの通話とかボイスレコーダにマイクが通るようになった。
マイクの端子は3.5mmステレオなので、同じ端子なら別のマイクに変更もできる。
PC側の設定を変更すれば自分の声をヘッドフォンを通じて聞くこともできるようになるんで、その辺は好みで変更すればいいと思う。
設定周りの情報はVIPで初心者がゲーム実況するにはwikiが詳しくまとまってます。

これから買う人へ

日本の代理店経由の購入だと直販価格の3倍くらいになってるのでお勧めできない。
多少トラブルが発生することを念頭においたうえでBrookstoreから通販した方が安く手に入ります。
ヘッドセットとしての性能は3~5,000円程度のものと同等か劣るくらい。
耳の分だけ重さもあるrんで日々の実用には難があると思った方がいいです。
変わった猫耳デザインのアイテムとして価値が見いだせるなら、ヘッドセット(特にマイク)が思った通り動かなくても
その見た目だけで満足できると思います。

コメントを残す