プロマシアミッション第8章 天使たちの抗いクリア!

天使たちの抗いBF内

オメガの悪夢から早数ヶ月。
暫く休止されていたLS活動が再開になったから、
早速みんなでプロマシアミッション攻略に繰り出して来た(゚∀゚)
おそろいで持ってる冒険本を紛失するというプライベートなトラブルはあったけど、薬品とかは数時間前からログインして準備万端整えておいた。

PT構成は、ナ/戦、白/召、赤/黒(私)、 赤/暗、黒/赤x2。
私の持参品は、ハイポx11、ハイエ5、エーテル+2とエーテル+1合わせて7個ぐらい、ロランベリーパイ、パママオレ、ヤグドリ。
フィールドオブヴァラーで貯めたエーテル+2があったからアクアムルスムは作らなかった。

Qn’zdeiの部屋

暁の印と黄昏の印を集める道中に、ゼテー族NMが4対居る部屋がある。

Qn'zdei戦

1対釣った時点で全てが反応するので、突入前に全員リレイズかけてから皆で奥の扉まで移動し全滅。
壷が元の位置に戻ったら蘇生するという方法で突破。
スリプル入りづらいしサイレスもほぼ効かなかったから、ガチで戦闘すると骨が折れそう。

BF 天使たちの抗い

BFに出現するゼテー族の名前は全部Ix’zdeiでログだと区別がつかないが、
よく見ると大きいのと小さいのがいて、奥にいる小さい2体が黒、手前の大きい2体が白と赤タイプ。

ウィンダスの仲間達 http://ffo.jp/mission-p8.html
FF用語辞典 http://wiki.ffo.jp/html/7610.html

死亡中

軍師が立てた作戦は上記攻略サイトを参照にしたもので、次の通り。

  1. BF突入後、強化・リレイズを掛ける。(BF入る前だと強化が消える為)
  2. 準備完了後、盾が真っ直ぐ進みながら絡まれ、南奥へと移動。
  3. 敵が集まった所を赤の【印スリプガ】で眠らせる。(起きたら黒二人が順に印スリプガする)
  4. 盾に黒壷1を攻撃してもらい、全力で黒壷1を撃破。
    (黒壷のガ攻撃はスタンを順に回して止める。)
  5. 続いて黒壷2をターゲットしてもらい、黒壷2を撃破。
  6. 残った白壷と赤壷は近いのから撃破

で、実際やってみると

  • 印スリプル以外のスリプルはレジスト率が高い(というかほぼ入らない)
  • サイレスもほぼ入らない
  • バインド・グラビデは通るが、パライズ等の弱体はほぼ入らない
  • 壷のガの詠唱時間がとてもとても短い
  • 壷も魔力の泉とかを使ってくる(多分体力が1/3くらいになった辺り)
  • 魔法のダメージは普通に通る

みたいな具合で全滅すること3回…それでもまだオメガよりはマシだと言えたw
全滅はほとんどが、印スリプガが3順して切れた後にスリプルが悉くレジられ、黒壷2つにガを連発されて死ぬってな具合。
つまり、今回のPT構成の場合は印スリプルを3回使う間に壷を3体(うち黒壷2体)撃破しとかないと確実に負けるということになる。
そこで最後の一戦で作戦変更。

  1. BF突入後、強化・リレイズを掛ける。
  2. 準備完了後、盾が真っ直ぐ進みながら絡まれ、南奥へと移動。
  3. 敵が集まった所を黒の【印スリプガ2】で眠らせる。(起きたら黒→赤と順に回す)
  4. 盾が黒壷1を攻撃。インビンシブル使用後に黒2人が泉発動させて精霊攻撃
    (最初のスリプガが切れる前に黒壷1を倒すのが理想的)
  5. 黒壷1を倒したら2を攻撃。黒の精霊+赤の連続魔精霊攻撃
    (次のスリプガが切れる前に黒壷2を倒すのがry)
  6. 黒壷を倒したら赤壷と白壷を順に攻撃していく
    (最後のスリプガが切れた時点で壷1体にry)

この作戦で行ったら、3回目の印スリプガが切れた時点で3体目の壷が死に掛けって所で崩れて全滅
壷が初期位置に戻ってからリレイズで立て直して無事撃破(゚∀゚) クリア時間は22分だった。

かなり先を急いでガツガツ魔法ぶっこんでしまったけど、
壷1つに対して印スリプガ1という割合なら、壷を倒した後に他の壷が寝てたら
自然に切れて起きるまで回復するといいかもしれない。
最速記録構成はやっぱり召喚6なんだろうと思う。

Luminous Convergence

時間は掛かったけどなんとか1日でクリア!
皆で集まっての戦闘は久し振りだったけど、流石にン年つるんでるだけの事はあるなあと思ったw
最近ログインするとLS1人ってのが多かったから、久し振りに賑やかで楽しかった~。

次回は31日、いよいよラストミッソンの暁ですお(゚∀゚)

1 thought on “プロマシアミッション第8章 天使たちの抗いクリア!

  1. S黒

    クリアできてよかったですよねー^^

    31日も頑張りませう!

    返信

コメントを残す