ユーザー登録の確認で、入力されたメールアドレスに有効期限つきのURLが送信されて
そのリンクをクリックしてページを表示して初めて登録が完了するというのがある。
それについてGoogle先生に聞いても具体的に教えてもらえなかったので、想像だけで組んでみた。

send:

  1. ユーザーから送信された登録情報をチェック
  2. エラーがなければトークン作成
  3. トークンを名前にしたテキストファイルをトークンディレクトリに作成
  4. 作成されたトークンファイルに有効期限のタイムスタンプ保存
  5. トークンを追加したURLを本文に書いたメール送信
  6. 送信しましたメッセージ表示

access:

  1. メール送信したURLにアクセスがある
  2. GETでトークン取得
  3. トークンディレクトリから同名のファイルを検索
  4. ファイル作成日+期限と現在時刻の比較
  5. 期限内であればtrue ファイル削除
  6. 期限外であればfalse ファイル削除

フォルダをテーブルにしてファイルをレコードにすればデータベースでも…
(さらに…)