KMLファイルを使えばGoogleMapsのマーカー設定とかが凄い簡単にできるっていう話。
KMLはXMLのように書式が決まってて手打ちはだいぶややこしいんだけど、GoogleEarth使えば簡単に作れる。

GooleEarthを開くと左側に「場所」ってのがあって、マークされた目印とかが表示されていると思う。
デフォルトだとお気に入りの中に観光ツアーというモノがあります。

GoogleEarth画面抜粋

自分でポチポチマーキングしてもいいんだけど、手順を解説するのは本題から外れるので割愛。
詳しくはマニュアル参照で。
「場所」タブの横にあるコンテンツを追加を押すと、ユーザーが作ったデータをギャラリーからインポート出来る。
とりあえずサンプルとして28日間で日本一周を読み込でみると、保留って所に表示されると思う。

ギャラリーからインポート

そしたら一番親のタイトルの所を右クリックして「名前をつけて場所を保存」を選ぶ。

kmlのエクスポート

ファイルタイプでkmlを選べばkmlファイルがエクスポートされます。

(さらに…)