本格幻想RPG「陰陽師」御霊拾階マルチについて

4/22パッチでクールダウンの仕様が変わって脳死オート周回しにくくなった…

編成

以下の編成になるように用意しておくと壊滅しにくくなります。

陰陽師:晴明 結界と滅。または星。Lv36以上推奨
山兎 素早さ164~168、招き猫x4
座敷童子 スキルレベルMAX、火霊x4
3人目のアタッカーが攻撃する前に行動する素早さに調整
(自分のアタッカーに合わせておけばOK)
アタッカーx3 ランク6、攻撃力6000以上(御霊込み)
素早さ128以下だと滅の後に攻撃ができる
針女装備の姑獲鳥、大天狗、妖刀姫が鉄板

鎌鼬は加速のときに視点が切り替わるのでタゲりにくくなることと、
スキルで消費する鬼火が3ということを把握して調節できるなら山兎の代打にできる。

陰陽師の御霊Lvと素早さ

御霊Lv 素早さ
Lv0 100
Lv6 104
Lv11 108
Lv16 112
Lv21 116
Lv26 120
Lv31 124
Lv36 128

行動順

  1. 山兎(加速)
  2. 晴明(滅)※3回戦だけは手動で結界を張る方が安定する
  3. アタッカー
  4. アタッカー
  5. 座敷童子(鬼火補充)
  6. アタッカー

バトルメモ

火力に超余裕があって速攻倒せるなら必要ないが、ターゲット指定したほうが無難。

一回戦

覚>二口女>蛍草
アタッカー1人目:二口女タゲ
アタッカー2人目:覚タゲ
アタッカー3人目:覚にトドメ

結界を使わない前提だと二口女より覚が残る方が事故りやすい。
都度タゲを変えるのが面倒なら覚にタゲっておく。
茨木童子の場合は蛍草をタゲる。
滅や星使っても覚と二口女両方共残る場合は火力不足です。(針女不発でも稀にあるけど)
結界を1ターン目に使えば凌げるが、二回戦以降で結界使えなくなるので壊滅する可能性が高くなる。

二回戦

青行燈>酒呑童子>椒図
タゲ設定:青行燈

アタッカーが攻撃する前に青行燈にタゲるのを忘れると高確率で事故る。
青行燈が1ターンで倒せなかった場合、2ターン目も山兎が加速すれば事故を防げる。
茨木童子を使う場合は酒呑童子をタゲる。
ちなみにここの椒図の素早さは163です

三回戦

とにかく大天狗を1ターン目で倒す。

先手取って加速したのに大天狗に割り込まれたら山兎が素早すぎるせいなので下げて調整する。
山兎も2ターン目は手動で加速した方が事故りにくい。

2ターン目前にスタン技1回来てから山兎が行動、その後オロチの通常攻撃が入る。
晴明の結界はスタン防止に最適だったが今パッチで手動操作が必要になってしまった。
通常攻撃食らって死ぬのは仕方ないとしても、スタン技のダメージくらいは耐えられるHPに強化しておくのが良い。

お守り効果90分ずっとホストで手動操作しつづけるのはなかなかしんどいです。
手動だとオートのターゲット指定出来ないので、ホストが手動で他2人がオートの場合に誰もタゲ指定しないことで事故る事もよくある。
火力とHPが十分あるなら、晴明のスキルを星だけにしてターゲットだけ指定するオート周回が一番楽かなと思います。

愛称を活用しよう

式神の愛称で素早さを書いておくと編成時の調整がしやすくなるのでおすすめ。

 

コメントを残す