[新生FF14]極リヴァイアサン討滅戦 攻略メモ

ffxiv_20140329_025404

水着で挑みたい

解放クエスト

極まりし水神リヴァイアサン

メインクエスト「混沌の渦動」をコンプリートしている
「極イフリート討滅戦」をコンプリートしている

報酬

アラガントームストーン:神話 20
アラガントームストーン:戦記 12
リヴァイアサン武器シリーズ(宝箱)
水神の魔鏡(レアドロップ)

概要

制限時間60分
Lv50 8人専用(補充利用不可)
平均アイテムレベル80~

主なウェポンスキル

ボディスラム

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_1

エリアの東側または西側から飛び出して身体を打ち付ける。通称ビターン
後述するが、東~西、西~東にかけて一直線にダメージ範囲があるため、
予告の水しぶきが上がったら北あるいは南の反対側へ移動して回避する。
ボディスラムによってエリアが傾いた時、柵がない後半に距離が足りないと退場になってしまう。

ウォールで無効化可能
エリア傾きの移動は鋼の意思で無効化可能

水属性耐性低下スピニングダイブ

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_5

水に潜ってからエリアの端から端へ一気に移動する帯状範囲攻撃。
当たると水属性耐性低下のデバフ(1分)がつく。

予告動作として水飛沫があります。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_6

水飛沫が上がった所から飛び出て一直線に進むので、水飛沫が無い側の面へ移動しておけば当たりません。
上の画像だと右側半分にいたらアウト、左側半分にいたらセーフということになります。

グランドフォール(水玉・水滴)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_12

リヴァイアサンがスピニングダイブに移る時に使ってくるWS。どう見てもエラプションです。
1回だけの時と2回の時があり、枚数は1~3。当たるとヘヴィ状態になって逃げにくくなる。
尾のヘイトが高いキャラが狙われるのか、近接や詩人がいるとターゲットになりやすい。
(私が詩人でいくと100%タゲられる)

他人を巻き込まないように、エリアの端を走ってやり過ごしてから安置に行くと(・∀・)イイ!!

ダイダルロア

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_13

エリア全体に水がぶっかけられる全体攻撃。1回1000前後のダメージ。
ただの賑やかし技で対して目立った効果はないが、水属性耐性低下デバフがかかっていると地味に痛い。
柵破壊後は2回連続になる。

スケイルダート

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_7

リヴァイアサン・テールが使うちょっと痛い単体攻撃。DPSだと2500くらい食らう。

テールウィップ

リヴァイアサン・テールが使用する範囲攻撃。DPSやヒーラーだとかなり痛い。
扇状範囲でダメージは人数頭割り。特にヒーラーはしっぽ付近に近づかないようにすること。

ドレッドウォーター

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_11

リヴァイアサン本体が使用する大ダメージ攻撃。素だと3000超えるくらい。
雑魚が沸くころから使うようになるので、バフはこれに合わせるといい感じ。
リヴァイアサンとMTを直線で結んだ帯状の範囲攻撃になるので、エリア端に立って外側に向けると近接を巻き込まずに済みます。

オーバーフラッド

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_8

ヒーラー2人セットで水柱が上がる。ダメージは重なるので、近くに居て2枚ともヒットすると即死もありえる。
ヒーラー同士は離れて立ち、なるべく側には立たないようにする。

ウォール水神のヴェール

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_2

遠隔攻撃に対してダメージを反射する状態のバフがつく。
アイコンはウォールと同じです。

水神のマント水神のマント

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_3

リヴァイアサン・テールに付いているバフ。魔法攻撃に対して、ダメージを反射する。

水鏡飛散水鏡飛散

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_4

鏡の如き水の膜に覆われた状態。回復魔法を受けた際に、対象に水鏡を付与する。
効果1分のデバフ。リヴァイアサン・テール2回目の出現時から、ヘイトAのプレイヤー(主にST)につく。
しっぽの攻撃はそんなに痛くないので、回復は主にリジェネ。
HPがヤバイときは学なら活性、白はシール付きのケアルラを使用するといいそうだ。

水鏡水鏡

鏡の如き水の膜に覆われ、視界を遮られた状態。アクションの射程距離が短くなる。
16スタックされるとアクション使用不能になる。
水鏡飛散が付いているプレイヤーに回復魔法を使った時にスタックするデバフ。
全体攻撃でもスタックが増えますが妖精は対象外なので、学者がいればSTの回復を妖精に任せることができる。

バトルループ解説

リヴァイアサンの削れ具合(=火力)によって変化があります。
特にサハギンとジャイヤ・スピューム出現のタイミングが早くなりやすい。

a.初期~開始位置

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_a

リヴァイアサンは北、パーティは南に居ます。エリアは南北に縦長の長方形です。
30秒くらいで次へ移ります。リヴァイアサンが水に沈んだらエリア中央へ移動しておく。

b. ボディスラム(1回目・西)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_b

初回のボディスラムは西です。北あるいは南のどちらになるかはランダムです。
水飛沫を見て反対側へ走ればおk。距離がないと当たって3000くらいのダメージを受けます。

c.テール出現

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_c

ボディスラムが終わると一旦水の中に引きますが、着地側に本体としっぽが再出現します。
メインタンクは本体、サブタンクはしっぽをキープします。
また、本体には遠隔攻撃反射の
ウォール水神のヴェール、しっぽには魔法攻撃反射の水神のマント水神のマントがつきます。
このため詩人はしっぽ、黒召は本体を攻撃します。近接はどちらにも攻撃できます。
本体を削り過ぎると以降の展開が変わりますが、ダイブが省略されるので逆に楽だったりもする。

STの敵視稼ぎ

しっぽが出て来るのは頭が出た3秒後なので、ボディスラムの時に頭側に立っていれば、
ファスト(頭)→フラッシュ→サベッジ(尾)→ハルオ(尾)とコンボできます。
尾側に立っておいてフラッシュ→ファスト(尾) →サベッジ(尾) →ハルオ(尾) もいけます。
それからバフを1〜2つ使うと雑魚が湧くのでフラッシュなり挑発なりで取りに行くとちょうどいい。
ファイト・オア・フライト入れて雑魚が出て来るまでに1コンボ決めておくと雑魚処理中ふらつきにくいです。

遠隔DPSは静者、ヒーラーは女神を使うと(・∀・)イイ!!

d.雑魚処理(ウェイブスパイン・サハギンx2)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_d

北に2体サハギンが湧きます。これはリヴァイアサンの位置に関係なく北固定です。
タゲはMTとST1体ずつキープします。(STが2体とってもおk)MTは立ち位置意識してドレッドウォーターに他のメンバーを巻き込まないようにすること。
DPSはなる早で2体倒します。倒すのに時間がかかると水毒のDoTが付くダメージ床を作るWSを使います。
ここでダメージ床作られるのは火力不足。

しばらく攻撃しているとリヴァイアサンが水の中に潜って次へ。
火力がある場合はダイダルロアがきてからg(キャスターサハギン)までスキップします。

e. スピニングダイブ(1回目)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_e

柵破壊前のスピニングダイブは、リヴァイアサンの頭・尾があった南北の端が始点になります。
リヴァイアサンが居た方へカメラを向けてエリア中央のライン上に立っておけば少しの移動で避けられると思います。

グランドフォールは最初に潜る時と、2回めのダイブの時に1枚ずつあります。
最初のグランドフォールが3連だった場合はgまでスキップしてウェイブトゥースサハギンが湧きます。

潜る+範囲表示→水しぶき+グランドフォール→スピニングダイブ+範囲表示→予告+グランドフォール→スピニングダイブ

e.2 グランドフォール回避(1)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_e2

ST・竜・モ・詩はグランドフォールのターゲットになりやすいので、
あらかじめエリア端に寄って攻撃していればキャスターやヒーラーを巻き添えにしなくて済む。
2回連続でグランドフォールが来る時は中央塔付近に行かず、南北のエリア端中央に居る方が良い。

f.ボディスラム(2回目・東)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_f

2回目のボディスラムは東側です。

g.雑魚処理(ウェイブトゥース・サハギンx1)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_g

 

ウェイブトゥースサハギンが湧いたらSTがキープします。
湧く位置は基本的に頭側ですが、スキップした場合は尾側になる場合があります。
尾が出てからファスト→サベッジしてからバフ入れつつ移動すれば湧いてすぐハルオ叩き込めます。

ドレッドストームとドレッドワッシュを使う。
ドレッドストームは詠唱を見てスタンで止める事ができないので、ナイトのシールドバッシュスタン効果中(6+3+1=10秒)に倒すのが手っ取り早いです。スタン開始は7割orダーク詠唱を目安に。
近接がスタンをすると後半レジられて事故りやすい。(羅刹・スパイン移動ダメ絶対)

最初ハルオ入れても何もしないとヘイト越されるのでスタンの合間にフラッシュ入れてます。3回目スタン不要そうなときは戻りながらロブ投げてる。
ハルオ→フラク+ドゥーム→フラッシュorスタン→フラッシュ→スタン→ウィズイン→ロブorスタン

火力がある場合はダイダルロアがきてi(黄玉)までスキップ。

ドレッドストーム

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_9

詠唱中はスタン無効。恐慌(10秒)状態にするダメージ床をつくる。
HPが2割くらい削れてから使いはじめます。ダークの詠唱にスタン被せるとちょうどいい。
(火力高いとダークが飛ぶので早めに)
ルイン→ルイン→ダーク(スタン)

ドレッドワッシュ

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_10

全体ダメージ+恐慌(5秒)
ダメージ自体は大したことないが、恐慌で操作不能に陥るので柵破壊後は落下の危険が。
HPが8割程度削れると使うようです。詠唱中にスタンで止めるか使う前に倒したい。

h. スピニングダイブ(2回目)〜ボディスラム(3回目・西)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_h

スピニングダイブは初回と同じです。
ボディスラムは1回目と同じく西からビターンします。

h1.グランドフォール回避(2)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_h2

3連で来るときは特にエリア端を走ってやり過ごしてから中央に行くこと。
斜めに移動して中央へまっしぐらするのは止めましょう。

i. ジャイヤ・スピューム(1回目)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_i

エリアの四隅に1つずつ黄色い玉が出現します。
これはDPSがなる早で倒す。タンクも殴れるものは殴った方がいいです。
倒すとスプラッシュという範囲攻撃ダメージがあります。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_14

コンテンツファインダーの情報にエーテル残量(100/100)が表示されています。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_15

黄玉は中央の塔からこのエーテルを吸収しつづけます。
ダイダルウェイブを防ぐためにはエーテル残量が24以上必要です。
処理が長引くとエーテルが回復せず負け確定となります。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_i2

普通の火力だとジャイヤ・スピュームを3個倒したくらいでスピニングダイブが入ります。
その時水玉が落ちて来るので、DPSは(特にモンク・竜・詩人。できれば黒・召喚も)集合してしっぽ側から時計回りに処理していきます。
水玉予告が出たターゲットは南北にまっすぐ走れば他のメンバーを巻き込みにくいです。

j. スピニングダイブ(3回目/ジャイヤ・スピューム以降)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_j

中央のルートが増えます。
ダイブに移るときしっぽの方へ飛び込むので、始点候補はしっぽ付近の5箇所になります。

ダイブの攻撃範囲はエリアの縦半分のサイズとだいたい同じで、下図(J2)のようになっています。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_j2

そのため、エリア中央よりも南北に1/4ズレた位置にいれば、どの方向からダイブが来ても最小限の動きで回避することができます。
周回PTでは特に図H1のグランドフォール回避と図J2のダイブ避けポイントを全員が知ってないとスムーズに回れないです。

ジャイヤスピューム処理中に関しては南北よりも東西の確率が高いと思う。
グランドフォールはダイブ1回目に1回だけ。

k.ボディスラム(4回目・東)〜スピニングダイブ(4回目)

ジャイヤスピュームを全て壊し終わると本体を殴る時間が少しあります。
その後1回目と同じ南北のスピニングダイブが1回あります。
リヴァイアサンが横を通過したら装置のスイッチを入れる。

l. ダイダルウェイブ〜ボディスラム(4回目)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_16

ダイダルウェイブでエリアの柵が全部壊れます。
バリアが剥がれた後はボディスラムがくるので、水飛沫までエリア中央で待機しておく。
ボディスラムはセリフ(ぬぅ、小細工を弄したか…)の後なのでしゃべるまで暫し待機。
うかつに移動して避け損なうとエリアから落下してしまいます。

柵破壊後すぐのボディスラムとリヴァイアサンの出現位置は、ダイダルウェイブ前のリヴァイアサンが居た位置と反対側になります。

m. 雑魚処理(ウェイブスパイン・サハギンx2)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_m

リヴァイアサンが再出現してから30秒くらい経過すると、南にウェイブスパインサハギンが2体出現します。
(出現5秒前に中央の◎が光る)
初回(図d)と同じようにDPSがすぐ倒そう。

ダイダルロア2連荘がサハギン出現前と後に1回ずつあります。

n.スピニングダイブ(5回目)~ボディスラム(5回目)

グランドフォールは1回x3人x1枚。ダイブは2回です。

o. ジャイヤ・スピューム(2回目)

リヴァイアサン再出現から約30秒くらい経過すると、ジャイヤスピュームが出現します。(場所は1回目と同じ)
出現前に、オーバーフラッドが1回あるのでそれを参考にバフなど入れるとちょうどいいです。

キャスターが居るときは、ここでLBをリヴァイアサン側の2つにリヴァイアサンも含めて当てる。
詩人はそれにバトルボイス+レクイエムを合わせると(・∀・)イイ!!

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_17

近接しか居ない場合、初回の処理が間に合っているのならLBを玉に使う必要はないです。
温存して後のサハギンやリヴァイアサン本体に使う方がいいと思います。

残った玉の処理は初回と同じでしっぽから時計回りに行います。
ダイブ前にオーバーフラッドが1回あります。しっかり回復しないとダイダルロアとスプラッシュで死ぬ!

詩なら3個目に移る前くらいにマントラ入れるのおすすめ。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_18

p.ウェイブ・スピューム(青玉)

ダイダルロアx2が来たり中央の◎が光ったりした後、エリアの四隅にウェイブスピューム(通称:青玉)が出現します。
塔と線でつながっていて、何もしなくても(他にタゲを取る人が居なかったら)中央に収束するので集まったところでSTがフラッシュ炊いてキープします。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_19

STはウェイブスピュームを引き連れたままダイブとボディスラムをこなします。
出現から30秒くらいで爆発しますが、爆発ダメージは距離が離れているほど軽くなります。
キープしているタンク(主にナイト)は爆発前にパーティメンバーから離れた場所に誘導しよう。
爆発に合わせてインビンシブルを使えばダメージ0になります。(戦士ならホルムギャング)

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_p

黄玉残ってる場合はそこに人が集まるので、反対側の端に行く。
要は他のメンバーから離れてればおk(特に竜さんからは離した方がいい)
ウェイブスピュームが湧く前にダイダルロアx2があり、タゲ取るとベインを使ってくるので、ランパ・センチ・コンバレはここで使えるようにしとくといい。

r. スピニングダイブ~ボディスラム(6回目)

グランドフォールは1回x3人x3枚。出現ポイントは図jです。

ボディスラムが終わってリヴァイアサンが再出現した頃に、ウェイブ・スピュームが爆発すると思います。
しばらく攻撃しているとスピニングダイブに移ります。

s. スピニングダイブ~ダイダルウェイブ~ボディスラム(7回目)

グランドフォールは1回x3人x3枚です。ダイブは1回。
この時もエーテルが24以上回復していないと敗北になります。

t. 雑魚処理(ウェイブトゥース・サハギンx1)

ボディスラムのビターンとほぼ同時にウェイブトゥース・サハギンが1匹東から出現します。

ffxiv_THE-WHORLEATHER-EXTREME_21

倒し方は初回と同じです。
ここで恐慌状態になってしまうとまず間違いなくエリア外に落ちるので、初回よりも慎重かつ確実に倒す必要があります。

このサハギンを倒したら後は消化試合です。
もしLBゲージが溜まっていたらリヴァイアサンに即使うと(・∀・)イイ!!

u. スピニングダイブ~ボディスラム(8回目)

グランドフォールは1回x3人x3枚。実質これが最後になります。

v.時間切れまで

ダイダルロアx2→ダイダルロアx2→雑魚サハギンx2→ダイダルウェイブ

10分超えるとこの流れに。約11分で時間切れ。
雑魚サハギンをタンクがキープだけしてリヴァイアサンを攻撃すれば間に合うこともあります。

動画

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>