Google Analyticsは時間差あるからリアルタイムでブログのアクセスステータスが確認したい、というせっかちさんは結構いますね。
果ては今ブログ見てる人が誰か知りたいとかいう要求もたまに聞く。
そんなアクセス解析厨(笑)向けのメモです。
wordpressに解析搭載するタイプのプラグインから外部サービスに依存するものがあります。

メモったプラグイン一覧

独自搭載:

  • Counterize II
  • WassUp
  • Live

外部サービス依存:

  • WordPress.com Stats
  • Woopra Analytics Plugin
  • Blog Stats by W3Counter
  • Piwik Analytics
  • WP-Piwik
  • Snoobi Tracking

初稿:2008/07/01@13:58
追加:2010/01/15@20:34

独自搭載

Counterize II

対応バージョン:2.0.2以上

これぞ、というオーソドックさのアクセス解析プラグイン。
分かりやすいグラフ表示で上司も大喜び。というわけで独断で年配向けとする。
すでに日本語化されているので、導入するだけで日本語表示になる。(moファイル名変更が必要)
解析では、HIT数、アクセスの多いページ、アクセスの多いリファラ、閲覧者のブラウザ・OS、検索キーワード、最新エントリが指定数だけ表示されます。
ダッシュボードにトータルと昨日・本日のカウントが表示されますが、独自タグで同じアクセスカウンタを表示することが出来ます。

注1※検索キーワード等でタグのエスケープ処理がされてないので
タグそのものを検索するようなキーワードが入っている場合、表示が崩れたりキーワードが空欄だったりすることがある。
修正は本体のソースを変更する必要があります。

注2※突然データが表示されなくなって、データベースが「使用中」とかになっていた場合は、
該当データベーステーブルの復旧をかければ大抵直る。

注3※設定画面で表示されるバージョンが違うのはデフォらしい。

WordPress.com Stats

対応バージョン:2.1~2.6.1-alpha

ダウンロード数20万Overのプラグイン。作者はakismetの人。
すでにver2.6-alphaの対応までされていて将来性もバッチリ。迷うならとりあえずコレ入れとけばおk。
利用にはWordpress.comのAPIキーが必要だが、akismetで大抵の人は持ってると思うのですぐ使えると思います。

プラグインをONにすると、ダッシュボードにwordpress.comのログイン画面が出て
ログインすると自分のブログのアクセス解析ステータスが見れるようになります。
アクセス数カウント、人気のページと投稿、リファラー、検索ワード、クリック数、リンク元などの情報が表示されます。
WassUpやCounterizeIIに比べると整いすぎててこざっぱりした印象がある。
共有も出来るらしいので多人数管理でも使えるみたいです。

使ってみた感じでは動作が一番安定してる。さすが。

WassUp

対応バージョン:2.2以上

そこまでするか!ってくらい詳細にアクセス解析結果を報告してくれるプラグイン。
スパムや検索エンジンのアクセスまでしっかり報告してくれます。
しっかりしすぎてるだけにデータベースを結構食いますが、保存容量等は設定で変えれる。

スパムやボットだけの抽出の他、現在見てる人の情報表示もこなすマルチなプラグイン。
これ使うとスパムとスパイダーのアクセスがいかに多いかってのがよくわかります。

Live

名前の通り、現在ブログにアクセス中のユーザ情報をリアルタイム表示するプラグイン。
ずらずらーっと動画のようにアクセス履歴が羅列していくのを見てるだけでも結構面白いです。
0.5からアクセス履歴の統計を表示できるようになったらしい。

[flash http://www.youtube.com/watch?v=2o5owQCQpWQ w=425 h=355]

そのアクセスがスパムかボットかユーザーかという判定はされません。ただ並べて表示するだけ。

外部サービスに依存するプラグイン

9割英語のサービスですが、使う単語は共通なので覚えるのは難しくありません。
ここからはサービスごとに概要と対応しているプラグインを列挙します。

Woopra

Woopra live-trackingWoopra analytics

インターフェースが超クール。アクセスに基づいて地図や国旗が表示されるので、世界中からアクセスがあるサイトだと解析結果を見るのが楽しいと思います。

対応プラグイン

W3Counter

w3counter dashbordw3counter live vieww3counter contents

万人受けしそうなオーソドックスなインターフェース。今サイトを見ている人やクリックオーバーレイなど、解析内容はかなり細かいです。

対応プラグイン

chartbeat

chartbeatchartbeat2

車のスピードメーターっぽいインターフェースを含め、Flashによるグラフ表示が多い。
リアルタイム解析が中心のようなのでアクセスの多いサイトでは転送量が大きくなりそう。

対応プラグイン

Piwik

piwik piwik2

Piwikは外部サービスではなく、オープンソースの解析スクリプトです。
別途Piwikを設置した上でプラグインを導入する形になります。多言語表示に対応。
見た目とかはGoogle Analyticsっぽい感じ。

対応プラグイン

Snoobi

アクセス解析というよりもウェブマスターツールなサービス。これもグラフィカルで見やすい。

対応プラグイン