githubで晒してあるソースを見たりするときに気になっていたことがあったんで
話の流れに身を任せつつ後ろの席のハイパーエンジニアに聞いてみた。

jQueryのリポジトリとか見ると

github-jquery

ソースがsrcというディレクトリに入れてある。なにゆえsrcなのか?
結構このsrcというディレクトリに入れているケースは多いのに
ぐぐってもコレといった記事は見つからないから、
漠然と「そういう規則か何かがあるんだろう」などと思っていたのだけど、
単純にエンジニアにお馴染みの作法とのこと。

ディレクトリ篇

  • bin binary
    プロジェクトで使用する、各種コマンド置き場
  • build
    最終的にビルドして自動生成された成果物置き場
    以下2つもほぼ同じ意味:

    • dist
      distribution 配付するもの
    • dest
      destination 出力されたもの
  • src source
    ソースコード
  • test
    テスト
  • docs
    ドキュメント
  • demo
    デモ

ついでによく見るファイル篇

  • README
    説明書き。githubでは必須。
  • LICENSE
    ライセンス。
  • package.*
    パッケージ管理用ファイル。
  • Makefile
    コンパイル&リンクするのを自動化してくれるツール

ソースコードをsrcに入れるというのは当たり前の事過ぎるから
わざわざ解説している記事もないんだろうと言っていた。
スタイルシートをcssに、JavaScriptのファイルをjsに入れるようなものだとすれば、なるほど説明はしませんな……。

ひとくくりにエンジニアといってみたが、教えてくれたのはJavaエンジニアである。
srcディレクトリにソースを入れ、ビルド結果をbuildディレクトリに入れるのは「コンパイルする言語ではお馴染みの作法」でも、コンパイル不要だとそうでもない。
EclipseなんかでJavaの新規プロジェクト作るとデフォルトでsrcというフォルダが作られるがPythonやRubyでは作られない。
githubで漁ってみるとRubyの場合はsrcではなくappディレクトリを使っていることが多いように見える。

フロント的にsrcといったらimgタグの属性です(キリッ で…どことなく違和感があるが、略さなければソースだし
最近はJavaScriptやCSSでもコンパイルという概念が出てくるようになったので、いざというときはドヤ顔で使いたい。