私事で恐縮ですが…あ…ありのまま この春 起こった事を話すぜ!

突然ですが私はゲームが好きです。常にゲームが傍にある生活は小学生の頃から変わらず、長く遊んでいるのはFF11だけどコンシューマーでも遊びます。
次世代機でWii・DS・PS3・PSPと所持したら次狙うべきはXboxじゃありませんか。でもゲームハードはそれなりに高い。
そうした所に都合よく、Xbox+キネクトが賞品になったイベントがjsdo.it/wonderflで始まったわけです。
2位はぬいぐるみで3位はストラップ。まぐれでも入賞できたら美味しい(かわいい)賞品が手に入る!
これは応募しといた方がいいかも、と思ったのが1月末。

カカッと作ってforkした結果、Xboxとキネクトを頂く。
賞品に釣られて応募して、狙っていた賞品をゲットできたのでもうそれだけでホクホクしてたんですが
SPECの冒頭に書いてある『企業からあなたへスカウトメールが届くかもしれません』ってのが本当にキタ━(゚∀゚)━!!
企業っていうのは主催であるサイバーエージェントのことでした。

スカウトメール?を貰ってからの顛末

実際はjsdo.itのプロフィールの所にその旨が書いてあってこのメアドに連絡してみて!という誘導を受けたんで
サイバーエージェントから直接スカウトのメールが来たわけではないです。

紹介されたアドレスにメールを送る

電話で人事担当の人と話す

スカイプ面接を受ける(3月頭)

電話で結果連絡

最終面接受ける(震災2日前)

内定貰って引っ越す

元々サイバーエージェントは遠方の人をWebで面接するという事をやっていて、
通常のフローだとエントリー→一次→二次→最終なので、SPECの受賞によりエントリー・一次面接・実技試験をパスしたということになるっぽい。
遠方に住んでいると最終前までの面接はビデオチャットで、最終面接で本社に来る時は交通費が支給される。
私よりも遠いエリアから引っ越した人もいるくらいだし、これはかなり大きいと思う。

スカイプ面接はビデオチャットでの会話を30分位。どうせ落ちるだろうなぁと思ってたものだから
「アメーバくんのぬいぐるみは市販されてないのか(A:非売品)」とか
「担当お二人の後ろがとても可愛いんですが何なんですか(A:ミーティングルームの壁一面に描かれた漫画)」とか
気になった仕事に関係ないことを熱心に質問しててパスしたと聞いた時は正直驚いた。
その後提出した必要な履歴書とかの書類は全部データ入稿したので手書きでは書いてません。
Word(家のには入れてないからOpenOfficeだけど)で作ってファイル転送サービスで送信するあたり
実にWeb業界っぽいなあとしみじみ思ったもんです。

最終面接は「あのアメーバの会社の中を見れるのなら落ちても話のネタになるにちがいない」っていうノリと
「交通費出して貰って東京に行けるなんてオトク過ぎる」っていう現金な発想で本社へ。
完全におのぼりさんなのでふわっふわしてたと思うんだけど、
面接中に自分の目がギラッとしたのが自分で分かった瞬間があった。凄い食いつきだったんじゃないかと思う。
奇遇にも最初に希望してたのが東日本大震災の日(金曜日)だったのだけど、担当の人の都合がつかなくて
2日前になったのは凄くラッキーだったと今でも思います。
でも内定決まった後に原発はアレだわ余震が続くわで心配は尽きなかった。
逆にそれで家賃が安くなったりいい部屋が開いたりするのを期待してたのだけど、一切そういうのはなかったです。さすが魔都。

SPECはお得かも

普通中途で転職するってなると、企業のサイトからエントリーするとか、findjobみたいな転職情報サイトからエントリーするとか
はたまた学校や訓練校を通じてエントリーするっていう道順になると思うのだけど、
私が実際そうだったようにSPECでの受賞してエントリーした場合は、Vol2までの主催であるサイバーエージェント以外の会社でも
実技や一次面接がパスになる可能性が高いと思うので、タイミングが合ったなら参加して損はないと思いました。

内定貰ったので辞めますと言ったら

社長は小2時間くらい渋った。
Web業界に潜り込むきっかけになった会社が倒産後、顧客とかを引き継いで始めたWeb事業部のスターティングメンバーという位置づけだったし
小難しいことを一手に引き受けてやっつけてきたから辞められたら困る気持ちは分からなくもなかった。
そこで置き土産として「中身をちょちょっと変更すれば商用サイト作れますキット」を作成。
各種説明書を作り、引継ぎとかをして、分からないことがあれば連絡クレクレとメアド渡して、3月末で退社。
今の所ヘルプの連絡は来ていないから何とかなっているんだと思う。
色々とアレな所が多い会社ではあったけど、1人でやらざるを得ない状況と
何をしてても許されるフリーダムな環境がなければこのブログも今の私も無かっただろうから感謝している。

物件探しのこと

仕事の事より家が見つかるかどうかの方が不安…とは面接でも口走ってしまったり。
何しろ遠方なので内見に行くまではWebでやっつけざるを得ないんだけども、遠い近いに関係なく
住む部屋を探す前に見つけるべきは、いいパートナーになってくれる賃貸仲介業者なのかも。って思った。

賃貸物件の空き室情報というのは大きなデータベースで一元管理されていて、
どの業者もそのデータベースを参照するのでどこで問い合わせても出てくる情報は同じ。なんだとか。
だから部屋を探すにあたっては、そのデータベースにアクセスできる不動産業界の人に頼る他ないので
自分の好みを把握して検索しまくってくれる担当者が見つけると、必然的にいい部屋が見つかるという構図である。

suumoとかCHINTAIで検索して、気になったところに問い合わせるというのをきっかけとして
最高で6社位同時に希望を伝えて問い合わせしまくって、
最終的には手当てに関する特殊ルールを把握している会社の人と資料をメールでやりとりしながら物件を探して
粗方出揃ったところで実際に現地を見に行って今住んでいる所に決めました。

契約書の類は郵送で送ってもらって、記入したのを鍵を貰う日に持参するという形で契約。
超必須であるインターネット環境については、NTT東の予約手続きを業者側が担ってくれたので引越し後2日で開通できた。

引越しのこと

遠方だから高いのは覚悟していたものの、実際に見積もりしてみたらピンからキリまであって凄かった。

物件が決まったのが遅かったので、引越しは中部エリアから関東エリアまで約350km
4/24搬出の4/25搬入という予定を希望。
時間がないので見積もりは電話のみでした。で、結果こうなった

  • アート引越しセンター ¥77700
    (24日搬出+10500円 洗濯機設置+¥4725)
  • ハトのマークの引越しセンター ¥98000
  • ハート引越しセンター ¥94500
    値切ったら¥85000円になる
  • アーク引越しセンター ¥140000+消費税
  • サカイ引越センター ¥180000
  • アリさんマークの引越しセンター 予定が合わず離脱

前の引越しで利用したアリさんは予定があわず、お米持参で値引きしまくるサカイが予想を裏切って早々に離脱。
電話で値引き合戦したらアートとハートの一騎打ちになり、最後はハートが最安値をつけて決定に。
不用品処分が有料で+¥2500だったので実際に払ったのは¥87500でした。
やっぱり高いなぁと思うのだけども、これは高くなる条件が被っているからであって、
安くするポイントを抑えればもっと安価になっていたっぽい。

  • 週末を避ける
  • 月末を避ける
  • ピーク時期(3月末~4月初旬)を避ける
  • 月の真ん中あたりの平日を選ぶ
  • 時間指定をしない
  • 荷物を減らす
  • 人手を増やす

荷物の量が多いとトラックのサイズが変わるので、日にち関係をクリアしてても値段が1段階上になるらしい。
基本的に生物の運搬は出来ないのだけど、やむなくキャリーで運べないペットを引越し業者に任せる場合は別途見積もりが発生する。

ハートさんは貰えるダンボールが再利用品で家具包むのが毛布とかじゃなくてダンボールとプチプチでした。
冷蔵庫が3箇所凹んだので、混載便だとかなりきゅんきゅんに詰め込んでるのかもしれない。

今後

このブログは仕事中に必要になった情報を調べたときに纏めて覚えるのを目的として作ったもので、
書いてたのはもっぱら仕事中ということになるのですが、今後そういうやんちゃが出来なくなるとすると
更新頻度は下がるのかなあ…って漠然と考えています。
でも調べることはWeb業界にいる限り永遠に続くし、家でも何かしら作ったりするだろうから
これまでどおりマイペースにやっていく所存です。

ZeroMailとか記事へのコメントについては上記理由により3~4月中ずっと放置でご迷惑お掛けしました。
ふわっふわした気分が落ち着いたら本腰入れてかかるので気長にお待ち頂ければ幸いです。