[js] WebStorageのサポートチェック

LocalStorage や SessionStorageが使えるかどうか確認する時の条件について。

未サポート機種であればwindowにlocalStorageやsessionStorageというプロパティがないので
if(window.localStorage)みたいな条件だけでもチェック出来る。

しかしWebViewでも表示する場合、ネイティブ側で使用許可をしていないと
「サポートはしているんだけど使えない」という状況になってsetItem等を使った場合にQUOTA_EXCEEDED_ERRとなる。

WebViewで許可されていない場合はnullを返すので、その条件も含めつつ
setItemで適当な文字列を書きこんでgetItemした時に同じ文字列だったら
ストレージが使えると判断するのが確実みたいでした。

var hasLocalStorage = (function(){
	if(('localStorage' in window) && window['localStorage'] !== null){
		try {
			localStorage.setItem('test', 'test');
			var c = localStorage.getItem('test');
			localStorage.removeItem('test');
			return (c === 'test');
		} catch(e) {
			return false;
		}
	}else{
		return false;
	}
})();

書きこみの前に都度チェックを入れる場合は、setItemの前にremoveItemを挟んでおくと
連続書きこみのエラーが回避出来ます

Leave a Comment.