Dreamweaverで新規作成から新しいファイルを作成すると、自動的にいくつかのタグが追加されますが
いちいちメタ追加するの面倒だから使用頻度高いのを予め入れてしまおう、という話です。

dreamweaver デフォルトでファイル作った時の画面

初期は上記の様にシンプルな感じだと思います。bodyの上にある変な空行も気になるところ。
で、適当にあると便利そうなタグを入れてカスタマイズすると次の様になる。

dreamweaver カスタマイズした後にファイル作った時の画面
headの他にbodyの中にも色々入れておくことが出来ます。

また、htmlファイルの他にもCSSとかJavascriptとかPHPとか、
Dreamweaverから作るファイルの初期設定は全て変更する事が出来る。

方法は実に簡単。
Program FilesにあるDreamweaverアプリケーションフォルダの
\Configuration\DocumentTypes\NewDocuments に新規作成時のテンプレートファイルがあるので、
ここのファイルを変更すると新しくファイルを作った時の初期状態が変更されます。
Default.htmlはhtml4で書いてあるので何か追加する時はHTMLの形式で追加すること。
metaタグの最後に付くスラッシュはDWが勝手に入れてくれます。
xmlns属性とか入れておいてもHTMLで作成する際は除去してくれます。

また、Dreamweaverには定義済みのスタイルシートやページデザインが用意されてますが、これも同様にカスタマイズ可能です。
設定ファイルは\Configuration\BuiltInフォルダにあります。

他にも色々カスタマイズは可能なのですが、
\Configuration\のファイルはDreamwaverの動作に直接影響を与えるものばかりなので
編集する際はバックアップを作成してから行ってください。

Dreamweaverに限らず、初期に自動で中身が追加されるものは必ずその設定ファイルがあるので、
他のアプリケーションでも同様のカスタマイズが可能だと思います。